体験の回避が就職活動不安と就職活動の関係に及ぼす影響  [in Japanese] The Mediating Effects of Experiential Avoidance on the Relationship Between Job-hunting Activity and Anxiety  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究の目的では,体験の回避傾向が,就職活動不安と就職活動の関係に及ぼす影響について検討することが目的であった。調査は300 名の一般企業を志望する大学4 年生を対象に行われた。調査の結果,進路探索行動の多寡において,体験の回避と就職活動不安の交互作用がみられらた。体験の回避傾向が高い場合は就職活動不安と進路探索行動の間に正の関係がみられた。一方,体験の回避傾向が低い場合は就職活動不安と進路探索行動の間に関係はみられなかった。 また,就職活動不安と就職活動の関係については, (a)就職活動不安は,情報探索行動および内定状況と正の関係がみられた。(b)しかしながら,就職活動不安は,就職活動満足と負の関係がみられ,さらに就職活動の継続状況とは正の関係がみられた。就職活動不安のポジティブな側面とネガティブな側面について議論された。

Journal

  • ルーテル学院研究紀要 = Bulletin of the Japan Lutheran College and Theological Seminary

    ルーテル学院研究紀要 = Bulletin of the Japan Lutheran College and Theological Seminary (51), 41-51, 2018-03-01

    Japan Lutheran College and Theological Seminary

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006415729
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1880-9855
  • Data Source
    IR 
Page Top