比尺度による利き手の測定に関する予備調査 Preliminary study on the ratio scale measurement for hand preference

この論文にアクセスする

抄録

質問紙を用いた利き手の測定にはリッカート尺度が用いられることが多い。しかしリッカート尺度ではデータの分布が著しく偏り、利き手の理論で仮定されている正規分布を表してはいない。本研究では、マグニチュード推定法によって利き手を測定し、その有効性を検討する予備的な研究を実施した。因子分析の結果、リッカート尺度では1因子、マグニチュード推定法では3因子が抽出され、異なる因子構造であることが示された。マグニチュード推定法による利き手の測定法は、新しい知見をもたらす可能性が存在するが、一方で様々な問題点が残されていることが明らかとなった。

収録刊行物

  • 生活科学研究 = Bulletin of Living Science

    生活科学研究 = Bulletin of Living Science (36), 75-80, 2014-03-01

    文教大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006419307
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0285-2454
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ