ルワンダの経済開発における「シンガポール・モデル」―アフリカの小国における経済開発戦略とその可能性―  [in Japanese] Rwanda's Economic Development Strategy and the "Singapore Model": A Case of Sub-Sahara African Small Country  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本稿は、アフリカの国ルワンダの国家主導による経済開発戦略をシンガポールとの比較にもとづき検討するものである。はじめに、ルワンダの初期条件にもとづいて策定された国家経済開発ビジョンおよび開発戦略の文書をもとに、その経済開発戦略の特徴を検討する。次に、国家主導の開発戦略を実施する政府機関とその有効性すなわちガバナンスについて検討する。本稿での、シンガポールとの比較にもとづくルワンダの事例の検証は、アフリカや他の途上国での国家主導型開発の可能性を考えるのに有用であろう。

Journal

  • 和洋女子大学紀要 = The journal of Wayo Women's University

    和洋女子大学紀要 = The journal of Wayo Women's University (58), 1-12, 2018-03-31

    和洋女子大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006423853
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1884-6351
  • Data Source
    IR 
Page Top