日本におけるギャンブル政策に関する考察 : 日韓ギャンブル政策の比較分析を通して  [in Japanese] Gambling policy in Japan : Comparative Analysis of Gambling Policy in Japan and Korea  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ギャンブルは,正負両面共に強調されて,実際に何が課題となっていて,いかなる方策を必要とするか見えづらい点は否定できない。本稿では隣国,韓国との比較を通じて,ギャンブル政策の正負両面を明らかにしながら,日本のギャンブル政策理論を構築した上で,将来的に導入される可能性が高まった新規のギャンブル事業であるカジノの運営方式(マネジメント)から,依存症対策(ケア)に至るまでの政策提言までを射程として考察した。日本・韓国の公営競技におけるマネジメントに関しては一定の評価ができるものの,いずれも組織の肥大化を招いており,日本はケア対策の欠如も明らかとなった。宝くじ・スポーツ振興くじについては未だにギャンブルを自称せず,これら公営ギャンブルの負の側面を,「グレーゾーン」ともいえる私営ギャンブルのパチンコに強いてきたのが日本のギャンブル界である。他方,韓国では国(文化体育観光部)が主導して,ソウルオリンピックを契機とした跡地利用やスポーツ・文化行政との融合,適切な大小の規制を併用して,ギャンブル政策を運用してきたといえるが,逆に不法賭博を蔓延らせる要因ともなっており状況に応じた規制緩和も不可欠となろう。ギャンブル政策に正解はなく,常に模索を続ける必要がある。

Journal

  • 公共政策志林 = Public policy and social governance

    公共政策志林 = Public policy and social governance (6), 89-103, 2018-03

    法政大学公共政策研究科『公共政策志林』編集委員会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006455058
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12714757
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2187-5790
  • NDL Article ID
    028929774
  • NDL Call No.
    Z72-F531
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top