Access this Article

Search this Article

Abstract

渡部寛一郎文書は、日記、剪淞吟社に結集する人々の漢詩と関連文書、若槻礼次郎ほかの渡部寛一郎宛書簡、私立中学校修道館など渡部寛一郎が関わった教育関係文書などで構成されている。中国文学・歴史学などの学際的研究によってこれらの諸文書を解読・分析し、近代日本の漢詩文学と政治文化の関連を山陰地域に即して実証的に追究することが本プロジェクトのめざすところである。今回は、渡部寛一郎日記(明治三十年二月から四月まで)を翻刻紹介する。渡部寛一郎が、彼が校長を務めた修道館中学の経営のために、主に東京で活動する様子が克明に記されている。

Journal

  • 山陰研究

    山陰研究 (10), 69-88, 2017-12-31

    島根大学法文学部山陰研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006459910
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12382442
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1883-468X
  • Data Source
    IR 
Page Top