子どもへのEMDR 適用についての展望 Prospects for Applying EMDR to Children

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

トラウマおよびPTSD に対する治療として、薬物療法と共にトラウマに焦点化した認知行動療法が有効であることが知られている。トラウマに焦点化した認知行動療法としては、PE、CPT、TF-CBT、EMDR が挙げられるが、子どもを対象とする場合は子どもの発達を鑑みて行う必要がある。日本ではCohen らが開発したTF-CBT が子どもに試みられているが、EMDR はトラウマ事象への処理と同時に安全感や安心感を強化するプログラムを持つこと、アタッチメントの形成・修復など他の治療技法を混在させることができる柔軟性があることから、今後、子どもに対しても適用が広まっていくのではないかと考えられる。The cognitive behavior therapy focused on trauma and the pharmacotherapy are effective as trauma and PTSD treatment. The cognitive behavior therapy focused on trauma includes PE, CPT, TF-CBT, and EMDR. When conducting cognitive behavioral therapy for children, we need to consider the development of children. In Japan, TF-CBT (developed by Cohen et al.) is made an attempt to children. EMDR has a program to strengthen safety feeling and security at the same time as processing for trauma events. EMDR has the flexibility to add other therapeutic techniques such as attachment formation and repair. Therefore, it is thought that the application of EMDR to children will increase in the future.

収録刊行物

  • 学校危機とメンタルケア

    学校危機とメンタルケア 10, 42-51, 2018-03-31

    大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006460463
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12391002
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1883745X
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ