「南北問題」再考 : 経済格差のグローバル・ヒストリー  [in Japanese] North/South Divide Reconsidered : A Global History of Economic Disparity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1. はじめに : 近年, 所得分配, すなわち経済格差の問題が, 経済学の中で注目を集めている。周知のように, 2014年に, トマ・ピケティの『21世紀の資本』の英語版が刊行されて, 世界的に, 所得分配の問題が脚光を浴びるようになった(Piketty 2014)。ピケティの問題提起は, 特にアングロサクソンの世界において, 現実化する著しい格差問題を背景にして, 強い共感をもって迎えられ, 一部には反発の対象にもなった。ピケティの著書は, 1990年代以降, 相対的に好調な経済とは裏腹に, 著しい経済格差が露わとなってきたイギリス, アメリカなど先進諸国の所得分配の現実を, 実証的に明らかにしたところに特徴がある。同書が明らかにする経済格差は, 基本的に「各国内の不平等(inequality within countries)」の問題である。……

Journal

  • 大阪市立大学経済学会經濟學雜誌 = Journal of economics

    大阪市立大学経済学会經濟學雜誌 = Journal of economics 118(3・4), 27-47, 2018-03

    大阪市立大学経済学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006462777
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00070116
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0451-6281
  • NDL Article ID
    029009890
  • NDL Call No.
    Z3-194
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top