外国語教科の観点別評価実践を目指して 話すこと「やり取り」評価の留意点  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

次期学習指導要領で外国語の観点別評価や評価領域が変わる。全教科に共通する観点は「何ができるようになるか」である。小学校での外国語教科の導入、大学入試改革に伴う4技能の総合力育成など外国語教科に求められる期待は大きい。しかし、同時に課題も多く、特に教室内で英語によるインタラクションを生み出すのは難しい。本稿は評価領域の1つである「話すこと(やり取り)」に焦点をあて、評価の前提となるインタラクションを生み出すための留意点及び評価の内容について考察する。

Journal

  • Fukuoka Jo Gakuin University Bulletin. Faculty of International Career Development

    Fukuoka Jo Gakuin University Bulletin. Faculty of International Career Development 4, 71-90, 2018

    福岡女学院大学国際キャリア学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006463011
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12715636
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2189-3942
  • NDL Article ID
    029720764
  • NDL Call No.
    Z72-K191
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top