韓国のラムサール条約湿地の観光化 : 「成功例」とされる全羅南道・順天湾  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本調査は平成22~24年度科学研究費補助金(基盤研究B : 22320171)を用いて行ったもので、金科哲、伊藤達也、平井幸弘、香川雄一との共同研究の成果の一部である。

Journal

  • 地理

    地理 58(3), 12-18, 2013-03

    古今書院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006463827
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00147742
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    article
  • ISSN
    0577-9308
  • NDL Article ID
    024351519
  • NDL Call No.
    Z8-372
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top