サモア語、タヒチ語、ハワイ語における不定名詞句の現れ方について  [in Japanese] Occurrence of Indefinite Noun Phrases in Samoan, Tahitian, and Hawaiian  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ポリネシア諸語に属するサモア語のse、タヒチ語のe、ハワイ語のheは従来不定冠詞と分析されてきたが、不定冠詞というだけでは説明できない機能を持っていること、また、不定冠詞の使用が予想されるところで定冠詞が多用されることが、指摘されてきた。本稿では、「AはB(という属性を持つグループの一員)である」という意味を表すコピュラ文、存在文、所有文、及び「~のような」という比喩を表す慣用表現において、不定冠詞がどのように現れるか、三言語間で比較対照を行った。さらに、不定冠詞の現れ方の違いについて、元々syntagmaticな関係にあった二つの語の機能の統合、及び、元々paradigmaticな関係にあった二つの語の機能の統合として、説明を試みた。

Journal

  • 北海道言語文化研究

    北海道言語文化研究 (16), 49-61, 2018

    北海道言語研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006464206
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12307232
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-6296
  • NDL Article ID
    029044564
  • NDL Call No.
    Z71-V631
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top