算数文章題の構造的理解を指向した作問学習支援システムの乗除算への拡張とその実践利用  [in Japanese] Interactive Environment for Posing 1-step Multiplication or Division Word Problem for Promoting Structural Understanding and Its Experimental Use  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

筆者らは単文統合型の作問学習支援システムを加減算と乗算の領域で設計・開発し,システムが問題の構造理解に有用であることを確認してきた.本研究では学習の次の段階として,システムを乗除算の領域に拡張することが目的である.ただし,システムは単に加減を乗除に置き換えて実現できるものではなく,対象とする乗除算文章題の構造モデルを作成し,モデルに基づいたシステムの設計が必要となる.このモデルを提案し,作成したシステムを授業に組み込むことで,単文統合型の作問学習による乗除算算数文章題の教授が実現した. この効果を,対象領域を学習した小学生に対して11時限に及ぶ実践利用から検証した結果,対象授業が問題なく受け入れられ,特に構造理解の不十分な学習者に対して成績の向上が見られたので報告する.

Journal

  • 電子情報通信学会論文誌 D

    電子情報通信学会論文誌 D J100-D(1), 60-69, 2017-01-01

    電子情報通信学会

Codes

Page Top