発展的に考える授業展開の研究 : 発見的発展の視点 Point of view to lesson of mathematics to make students consider in developing way : Viewpoint of Heuristic development

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は,全ての学習者が発展的に考える算数・数学の授業を構築することができるよう,これを阻む要因を同定・分析・検討し,これに基づいて発展的に考える算数・数学の授業モデルを開発することにある。そこで,本稿では発展的に考える授業についての理解を図るため,発展的に考えることの意味について,拡張や一般化の意味での「構造的発展」に加えて,無意識的活動の状態で取り組む思惟活動に注目し,当面の問題から次の問題へと発展的に気付くことを「発見的発展」という視点について検討した。この観点から,小学校算数「箱の形」の授業実践から「構造的発展」と「発見的発展」の様相の違いを考察した。その結果,考察の対象とした授業実践には,「構造的発展」と「発見的発展」の様相は見られなかったものの,それぞれを想定することは十分可能であり重要な働きをもつこと,また,児童が発展的に考えることについての振り返りをする上で重大な働きをもつという考えに至った。

収録刊行物

  • 東北数学教育学会年報 = Journal of Tohoku Society of Mathematics Education

    東北数学教育学会年報 = Journal of Tohoku Society of Mathematics Education (48), 34-44, 2017

    東北数学教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006467690
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1239868X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0910-268X
  • NDL 記事登録ID
    028164216
  • NDL 請求記号
    Z7-1697
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ