現代日本企業における戦略的人的資源管理 : ハイ・コミットメントHRMに着目して  [in Japanese] Strategic human resource management of modern Japanese company : focus on high-commitment HRM  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

[概要]本稿の目的は,戦略的人的資源管理論の枠組を用いて,日本企業において実践されている人的資源管理と戦略との関係,そして日本企業における望ましい人的資源管理のあり方を探求することにある。調査の結果,日本企業においても,米国同様にいわゆるハイコミッ トメント・モデルが導入されていること,そして,それがベスト・プラクティスであることが確認された。さらに,成果志向型 HRMと探索型戦略の組み合わせが組織成果に対して正の影響を有していることが明らかとなり,ベスト・フィット仮説も支持されることとなった。[Abstract] The purpose of this study is, by means of the framework of the strategic human resource management theory, to explore how the human resource management the Japanese companies have practiced is related to the strategy as well as clarify the optimal way the Japanese companies employ the human resource management. The results of the survey verified that a high commitment model has been introduced in the Japanese companies as well as those in the US that to be a best practice. Moreover, it was clarified that the combination of the performance-oriented HRM and the exploratory strategy Provides a positive effect on the organizational outcome, which, as a whole will support the best fit hypothesis.

Journal

  • 商経学叢

    商経学叢 64(1), 93-117, 2017-07

    近畿大学商経学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006471756
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10437975
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0450-2825
  • NDL Article ID
    028645334
  • NDL Call No.
    Z3-410
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top