参加支援の観点から見た社会福祉の法体系論  [in Japanese] Legal System of the Personal Social Services in terms of Participation Support  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は、社会福祉の法体系に関し、公的責任のあり方に着目した規範的な整理を行うものである。 社会福祉サービスの主な利用方式が契約方式に変わり、地域住民の互助を重視した地域包括ケアシス テム構築が課題になっている現在、施設への入所措置を前提としたこれまでの社会保障法学における 法体系論による社会福祉法制の位置づけは不十分である。本稿では、社会福祉を個人の社会参加を支 援するための公的介入の仕組みととらえ、行政法学における仕組み論の知見などを参照して、福祉給 付法・福祉規制法・福祉支援法から成る社会福祉の法体系を提唱する。2000年前後の社会福祉基礎構 造改革以降、行政による直接的な給付・規制を定める福祉給付法・福祉規制法のほか、情報提供や相 談援助、人材育成や地域計画等による間接的な支援である福祉支援法が重要な役割を果たすように なっている。福祉支援法は、利用者の適切なサービスの利用を確保するため、契約による利用を個別 に支援したり、地域における提供体制を整備したり、サービス提供にかかる行政決定過程を整備した りする仕組みに関する法制度であると整理することができる。This paper tries to clarify the legal structure of personal social services normatively by  focusing on the public responsibility. At present when the principal way of using personal social  services has been changed to one through the contract and voluntary mutual aid among local  community residents as the "integrated community care system"  have been focused, the  positioning of social welfare laws is not satisfying in the academic discussion on the legal structure  of the social security law based on placement into the institutions so far. This paper firstly  interprets the personal social service as a public intervention system to support the social  participation of individuals, and secondly proposes a new legal system which consists of "welfare  benefit law" ,  "welfare regulation law"  and "welfare support law" . Since the "fundamental structure  reform of social welfare"  around the year of 2000, in addition of "benefit law"  and "regulation law"   for direct benefit and regulation by the administration, "support law"  has been focused for indirect  support through information provision, social work, cultivation of human resources, local plans etc.  The "welfare support law"  can be summarised as a legal system for securing service-use to help  individual service-use through contract, to establish local provision, and to secure administrative  decision process for service-use. 

Journal

  • 神奈川県立保健福祉大学誌 : human services

    神奈川県立保健福祉大学誌 : human services 15(1), 3-13, 2018

    神奈川県立保健福祉大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006482519
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12047903
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-4775
  • NDL Article ID
    028946999
  • NDL Call No.
    Z71-N409
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top