社会福祉士が行なう成年後見制度に関係する活動例  [in Japanese] Activity Example to be Related to the Adult Guardianship System that a Certified social Workers  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2005年に独立型社会福祉士事務所を開業して、間もなく13年目を迎えようとしている。その間、成年後見制度に関わる業務、主として成年後見人等の受任を行い、成年後見制度に関する相談業務及び各種講師業等を行ってきた。成年後見人等の職務には大きく身上監護と財産管理とがある。それらの職務を行なうためには、本人を中心に家族・親族、家庭裁判所、行政機関、金融機関、福祉サービス提供事業者等との関係が生じてくる。本人及び各種機関等での業務を通した社会福祉士として学んだこと、更には伝えたいことを重度知的障害者の事例を通して報告する。社会福祉士民法第858条及び第859条成年後見制度利用促進本人の意思決定支援合理的配慮

Journal

  • 福祉教育開発センター紀要 = Bulletin of the Social Work Education Center

    福祉教育開発センター紀要 = Bulletin of the Social Work Education Center (15), 99-109, 2018-03

    佛教大学福祉教育開発センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006483534
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11988112
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1349-6646
  • NDL Article ID
    029507758
  • NDL Call No.
    Z71-M507
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top