観察と描画表現との関係についての基礎研究(その5)二つの観察観と現在の美術教育と観察との関係の仮説 A Fundamental Study of Relation between Observation and Drawing(Part5)Hypothesis of the Relationship between two Observations and Current Art Education and Observation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は,「観察と描画表現との関係についての基礎研究」の継続研究である。本研究は,学校教育での図画工作科,美術科での児童・生徒の活動のねらい等を明確にするために,観察と描画表現との関係について考察するものである。 本稿では,これまでの「観察と描画表現との関係についての基礎研究」の成果を踏まえ,現在の児童・生徒の「観察」の捉え方の仮説と,仮説に応じた美術教育の在り方について考察する。

収録刊行物

  • 研究集録

    研究集録 (168), 49-57, 2018

    岡山大学大学院教育学研究科

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006491696
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12338258
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL 記事登録ID
    029201544
  • NDL 請求記号
    Z22-269
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ