防犯のために取り組むのはどのような人々か : 社会学的研究における議論を再考する (特集 「全国統一治安意識調査」をめぐって) Correlates of Anti-Crime Behavior and Membership in Neighborhood Watch Activities : Reconsidering a Theory Based upon a Sociological Perspective

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では、2015年に警察庁が実施した「全国統一治安意識調査」のデータを用いて、自主防犯活動への参加、防犯行動の説明要因を分析した。結果から、以下が明らかになった。男性よりも女性のほうが自主防犯活動に参加しない傾向にあるが、小学6年生以下の子どもと同居する場合は男女による参加傾向の違いはない。警察への信頼度の高さ、近所づきあい、無秩序の程度の高さなどは、自主防犯活動への参加と関連している。凶悪犯罪に対する不安は、自主防犯活動への参加とは有意な関連は見られない。女性は男性に比べて、防犯行動を行っている。警察への信頼度の高さ、凶悪犯罪に対する不安、身体犯被害の経験などは防犯行動と関連している。The present paper examines the correlates of membership in neighborhood watch activities and anti-crime behavior by using data from the National Uniform Subjective Security Survey conducted by the National Police Agency. The results are as follows:1) Women are less likely to participate in neighborhood watch activities, except for those living with a sixth-grade child or younger.2) Confidence in police, social ties, and incivility relate to membership in neighborhood watch activities. 3) Fear of heinous crimes has no significant effect on membership in neighborhood watch activities.4) Women are more likely to be serious about anti-crime behavior.5) Confidence in police as well as fear of heinous crimes and personal victimization relate to anti-crime behavior.1.はじめに2.先行研究の検討と分析枠組み3.結果と考察4.終わりに

収録刊行物

  • 政策と調査 = Policy & research

    政策と調査 = Policy & research (12), 77-96, 2017-03

    埼玉大学社会調査研究センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006501604
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12569705
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    2186-411X
  • NDL 記事登録ID
    028155907
  • NDL 請求記号
    Z72-E33
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ