ツツバ語の舌唇音と名詞句 : 言語変化に関する一考察 Apicolabials and Noun Phrases in the Tutuba Language : A Study of Language Change

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ヴァヌアツ共和国のツツバ語は、話者数およそ500人の消滅の危機に瀕した言語である。この言語には舌先と上唇とで調音する舌唇音という希少音が存在するが、現在この音は唇音へと音変化しつつある。その要因としては第二次世界大戦下の人口減少と国語ビスラマ語の影響が考えられる。またツツバ語の句構造も変化しつつあり、この要因としては近代化による他言語話者との接触の影響が考えられる。本論文では2001年から今日までの現地調査のデータをもとに、若年齢層と高年齢層の①音声と②句構造を比較する。そして世代間の差異を明らかにするとともに、ツツバ語が変化しつつある要因を、戦争・近代化・国語・教育言語の影響といった観点から、時系列に沿って考察する。The Tutuba language spoken by approximately 500 people in the Republic of Vanuatu is an endangered language. This language has speech sounds which are known as apicolabials. In the Tutuba language, a sound shift from apicolabials to labials is now occurring. In addition, the structure of noun phrases is also now changing, especially among the young.This paper will discuss the factors behind these changes from the viewpoint of the influences of World War Ⅱ, modernization, national language, and educational languages by analyzing research data collected from 2001 to 2014.

収録刊行物

  • 東京女子大学紀要論集

    東京女子大学紀要論集 65(2), 181-200, 2015-03

    東京女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006513389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00161550
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0493-4350
  • NDL 記事登録ID
    026501565
  • NDL 請求記号
    Z22-401
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ