シンポジウム ヘイト・スピーチはどこまで規制できるか  [in Japanese] Symposium Hate Speech Regulations in Japan : How Far Could We Go from Here?  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

1. シンポジウム『ヘイト・スピーチはどこまで規制できるか』 企画・司会 東川浩二2. 基調講演「ヘイト・スピーチとは何か」 エリック・ブライシュ/ 東川浩二(訳)3.「ヘイトスピーチ事案における不法行為法・填補賠償法理の担う役割の再評価~京都・徳島事件を題材に、反差別(差別被害への共感醸成)の運動展開の文脈において」 弁護士 冨増四季4. ヘイトスピーチ規制賛成論に対するいくつかの疑問 ー憲法学的観点、政治学的観点、哲学的観点のそれぞれからー 駒村圭吾5. ヘイト・スピーチと「公の施設」 川崎市ガイドラインを素材として 奈須祐治

Journal

  • 金沢法学

    金沢法学 61(1), 165-261, 2018-07

    KANAZAWA DAIGAKU NINGENSHAKAIKENKYUIKI HOGAKUKEI

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006518041
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00044830
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0451-324X
  • NDL Article ID
    029259190
  • NDL Call No.
    Z2-154
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top