高齢者を対象とした清拭方法に関する国内文献レビュー  [in Japanese] Domestic literature review of Bed-Bath methods incorporating comfort care for elderly people.  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

高齢者を対象とした清拭方法に関する国内文献の研究動向と、明らかとなっている安楽ケアの方法を整理し、高齢者へのより良い清拭援助技術の方法について考察し、看護基礎教育における資料とすることを目的に、過去10年間の研究論文を対象として分析を行った。研究論文の収集は、医学中央雑誌Web版を用いて、検索キーワードを「清拭」、検索条件を「原著論文」「看護」とし、最終的に計6件を分析対象とした。その結果、以下のことが明らかとなった。高齢者を対象とした清拭に関する研究は6件であった。高齢者の清拭に関する研究は、2008年を境に散見されるようになった。高齢者の清拭において安楽な方法として、分析した結果から、温罨法の実施は有効であると考えられることが改めて示唆された。看護基礎教育においては、手技的な方法だけでなく、老年看護学において重要なコンフォート理論を理解し関わることが重要であると考えられたため、学生への教授方法を検討し、更にはコンフォート理論を踏まえた老年看護学の基礎研究をすすめていく必要がある。

Journal

  • 生命健康科学研究所紀要

    生命健康科学研究所紀要 14, 58-64, 2018-03

    中部大学生命健康科学研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006521090
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    18803040
  • Data Source
    IR 
Page Top