M大学生の看護臨地実習における認識の特徴―日本語版実践力上昇尺度を用いた他大学生との比較―  [in Japanese] Characteristics of M University Students' Perception of the Clinical Training Program for Nursing – Comparison with Students at Other Universities Using the Ascent to Competency Scale –  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

M大学の看護学生の看護臨地実習における認識の特徴を他学の大学生と比較し明らかにすることを目的に量的記述研究を行った。編入生・助産専攻学生を除く看護大学生を対象に、「日本語版実践力上昇尺度」を用いて2015年6月〜2016年3月に自記式質問紙でデータを収集した。M大学を含む5校の大学から協力が得られ、有効回答343名のデータを使用した。M大学生と他大学生の比較では、10項目に有意差を認め「実習指導者は、ずっと同じ人だった」「患者へのケアが学内で学んだものと違うときは、臆することなくそれについての意見を述べられた」「指導者は日々の実習終了時に、私の行った援助に感謝してくれた」「実習によって、看護師になる自信がついた」において、有意にM大学生が高いという結果であった。また、M大学生間の性差で有意差を認める項目は存在しなかった。看護師課程と保健師課程の比較では、「実習によって看護師になる自信がついた」は保健師課程の学生が有意に高く、「実習中、不安を感じた」「実習は苦しい体験だとわかった」など否定的な内容を問う5項目で看護師課程の学生が有意に高かった。

Journal

  • 関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences

    関西看護医療大学紀要 = Bulletin of Kansai University of Nursing and Health Sciences 10(1), 35-47, 2018-03

    関西看護医療大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006521989
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12398668
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1883-5686
  • Data Source
    IR 
Page Top