医療・福祉の根本思想としての第25条成立の過程及びサムスPHW局長による戦後の公衆衛生及び地域福祉改革に関する歴史検証  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

本論では,わが国の公衆衛生及び福祉について,戦後の"日本国憲法"および憲法25条の成立過程を中心に,戦後のGHQ サムス准将による公衆衛生改革も含めて歴史検証を行った。"日本国憲法"成立の過程ではGHQ 指導下で強引に執行されたものであったが,しかし,両国間の対話を通して実行された憲法改正であり,指導したアメリカでさえ,実現不可能といわれる程に水準の高いものであった。特に,第25条はマッカーサー原案として提示された民生局の『憲法改正草案』にもなかった条文であり,その第25条の前文は,民間の憲法研究会から提案された『憲法草案要綱』案からであり,後半部分はサムス准将自身が加筆・修正したものであると考えられた。その第25条は,国民の日常生活における福祉,即ち,健康問題という点で最も関連のある人権思想の反映である。この条文が整ったことにより,わが国は,社会保障・福祉問題で国内の整備が可能となった。看護専門職者にとって日々の看護実践の基盤となる法律であり,その存在価値は大きい。

Journal

  • 看護学統合研究

    看護学統合研究 20(1), 1-24, 2018-12

    広島文化学園大学看護学部

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006550714
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11499896
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346-0692
  • NDL Article ID
    029539422
  • NDL Call No.
    Z74-C130
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top