障がいのある人への地域での教育的支援に関する一考察 : 韓国での実践を手がかりに  [in Japanese] A Study of Regional Support Programs for Persons with disabilities : From Practices in Korea  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究では,韓国の差別解消法にあたる「障害者差別禁止及び権利救済等に関する法律」施行後の障がいのある人への地域での教育的支援に関する研究資料及び実践を概観し,今後の日本における障がいのある人への合理的配慮に向けて,示唆を得ることを目的とした。韓国においては,障害者差別禁止法にあたる「障害者差別禁止及び権利救済等に関する法律」の施行後,特殊教育に関連する文脈において,教育プログラムの研究開発がいくつか実施されているが,筆者らがゆるやかな分類を施したところ,「障がい理解に関するプログラム」「余暇活動に関するもの」「生涯教育に関するもの」「通常学校における支援体制に関するもの」「障がいのある人の人権保護に関するもの」と学校教育での個々の児童・生徒の特別な教育的ニーズに応じた教育的指導のみならず,地域における生活や社会成員の障がい理解に働きかけている内容も含まれていることが示唆された。また,障がいのある人への地域における地域での支援は,ワンストップ型の包括的な支援となっていた。日本における今後の合理的配慮を検討する上でも参考になる内容であると考えられる。

In this study, we reviewed previous studies and our investigation concerning support programs in Korea after. 'Convention on the Rights of Persons with Disabilities' and 'Disability Discrimination Act' were enforced in Korea. In Korea's support programs for disabilities, 'mutual understanding','life-long education',' leisure activities', 'Inclusive Education', 'Human Rights' are focused. And regional support system is 'one-stop service'. When we think Reasonable Accomodation in Japan, the practice in Korea may be serve as a useful reference.

Journal

  • 鳴門教育大学学校教育研究紀要

    鳴門教育大学学校教育研究紀要 (31), 41-47, 2016

    Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006553390
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1212544X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1880-6864
  • NDL Article ID
    027975948
  • NDL Call No.
    Z7-2392
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top