武力紛争における戦闘行為への国内刑法の適用 : ドイツの議論状況を中心に  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

一 はじめに二 武力紛争における戦闘行為の三分類 (一) 「武力紛争における戦闘行為」の意義 (二) 武力紛争における戦闘行為の三分類と学説間にみられる処罰範囲の相違三 刑法典各則適用説 (一) ドイツ連邦検察庁による二つの手続打切処分 (二) 学説四 刑法典各則排除説 (一) 前提および根拠 (二) 射程五 刑法典各則適用説の妥当性に関する検討 (一) 刑法典各則適用説に対する批判とその検討 (二) 刑法典各則排除説に対する批判とその検討六 おわりに

Journal

  • 法学政治学論究 : 法律・政治・社会

    法学政治学論究 : 法律・政治・社会 (119), 139-170, 2018

    慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006557853
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10086101
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0916-278X
  • NDL Article ID
    029417767
  • NDL Call No.
    Z2-1585
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top