全盲と弱視を同一の教材で提示する電子黒板システムの試作  [in Japanese] Fabrication of a Digital Media Board System for Blindness and Low Vision Using a Unified Teaching Medium  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

全盲と弱視に対して同一の内容をリアルタイムで表示するシステムを開発したが,このシステムを電子黒板に応用し,全盲と弱視という学習メディアの異なる視覚障害者を同一教材で教授するための電子黒板システムを試作した。様々な弱視の個々の障害に対応するため,手元型電子黒板にも対応させた。今回試作した電子黒板システムによって,1つの教材で全盲と弱視にという学習メディアの異なる視覚障害者に対応可能となり,盲ろうにも対応できることが示唆された。

Journal

  • 筑波技術大学テクノレポート

    筑波技術大学テクノレポート 26(2), 6-10, 2019-03

    筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006576827
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12123772
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2435-4856
  • Data Source
    IR 
Page Top