オルタナティブスクール・フリースクール研究に関する文献検討 : オルタナティブ教育研究が位置づく知識構造と社会運動としての捉え直し  [in Japanese] Literature Review on Studies of Alternative School and Free School : Structure of Knowledge Embedding Alternative Education Research and Re-examination as Social Movements  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

オルタナティブスクールならびにその議論の中心となっているフリースクールに関する実証的な論文,学術図書のレビューを行い,先行研究が日本のオルタナティブ教育に関して明らかにしてきたことを整理した。その結果, 1 .オルタナティブスクールの社会の中での位置付け, 2 .オルタナティブスクールの中の社会関係, 3 .社会の変化に伴うオルタナティブスクールの変化に整理できた。以上のレビューから,メタ的に導き出される知見として,オルタナティブスクールの多様性・柔軟性・流動性を見出した。また,その背後にある学校教育を中心とした教育研究の知識体系の存在と,その中でオルタナティブ教育について研究しなければならないという知識社会学的な拘束を指摘した。最後に,上記の課題を引き受けた上で,社会運動としてオルタナティブ教育を捉えなおす方向性を提示する。教育研究が有する知識体系やその構造を含めて,教育の公共性を問い直す社会運動としてオルタナティブスクールやフリースクールといったオルタナティブ教育を捉えなおす視点を提示する。This article reviews demonstrative papers on alternative school and free school and finds knowledge of alternative education in Japan defined by demonstrative research. Findings sort previous papers into 1. alternative schoolsʼ position in Japanese society, 2. relathionships in alternative schools 3. changes of alternative schools in changing Japanese society. The article analyses these findings and points out a problem of generalizing alternative education in the previous research and the restriction of alternative education research by knowledge of the educational study. In conclusion, I present necessity for reexamination alternative education as social movements. I strongly argue the perspective from social movements theory that regard alternative education as challenging codes of education including a body of knowledge of the educational study.

Journal

  • 大阪大学教育学年報

    大阪大学教育学年報 (24), 97-110, 2019-03-31

    Department of Education Graduate School of Human Sciences, Osaka University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006585450
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1055404X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1341-9595
  • Data Source
    IR 
Page Top