日高六郎研究序説 : 「社会心理学」に根ざす戦後啓蒙の思想  [in Japanese] An Introduction to the Study of HIDAKA ROKURO : Focus on His Postwar Enlightenment Based on Social Psychology  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

日高六郎はマルクス主義の有効性を認めつつ、マルクス主義者の党派性を批判し、異質なものの衝突による思想創造を追求した。フランクフルト学派やアメリカ社会心理学の発想と方法が日高の戦後啓蒙を支えたが、同時に心理学が規律権力となることの危険性を1950年代から論じていた。学校教育へのコミットは、日高の思想の核に関わる重要性を帯びていた。歴史性を重視し,社会構造のなかの主体を思想史的にまなざす日高の主体観は,戦後思想のなかで固有の位置を占めている。論説(Article)

Journal

  • 社会科学 = The social sciences

    社会科学 = The social sciences 48(4), 107-137, 2019-02

    Institute for the Study of Humanities & Social Sciences, Doshisha University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006586046
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00108933
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0419-6759
  • NDL Article ID
    029552214
  • NDL Call No.
    Z6-279
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top