北海道におけるススキ(Miscanthus sinensis)型草地の植生遷移と生産力の推移  [in Japanese] Vegetation succession and production of Miscanthus-type grassland in the northern district of Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

ススキの分布北限域に近い北海道札幌市において,夏期の刈取りがススキ型草地の種組成と地上部重の推移に及ぼす影響を10年間調査した。隔年もしくは毎年の夏期の刈取りによりクマイザサが抑圧され,ススキの優占が維持できた。出現種数(26種/30m2,5.1‐7.7種/m2)は国内他地域のススキ草地に比べ低いこと,刈取りにより光環境が改善されても種数および種多様度指数の増加はみられないことが示された。ススキのみの現存量は処理間差が小さく,120-300gDM/m2程度であった。隔年の刈取りにおいても現存量が減少する傾向にあるため,長期的に利用するためには利用強度を隔年の刈り取りよりもやや軽くする必要があるものと推察された。

Journal

  • 北海道農業研究センター研究報告 = Research bulletin of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region

    北海道農業研究センター研究報告 = Research bulletin of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region (199), 13-23, 2013-03

    北海道農業研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006586521
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11611599
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1347-8117
  • NDL Article ID
    024710229
  • NDL Call No.
    Z18-211
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top