キャピラリー電気泳動法による野菜中の糖分析  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

糖類による甘味は野菜の重要な品質構成要素のひとつである。そこで,野菜の糖組成のルーチン分析を目的としたキャピラリー電気泳動法の分析条件の開発を行った。電気泳動液としてpH12.0に調製した10mM安息香酸ナトリウム,0.5mMテトラデシルトリメチルアンモニウム=ブロミド溶液を用い,印加電圧-30kVとした。キャピラリー管の長さは80.5cm(内径0.075mm)であった。本条件下でキュウリ,トマト,ホウレンソウ抽出液中の果糖,ブドウ糖,ショ糖が分離できた。本法は油炒めしたタマネギの糖分析についても脱脂操作なしに適用でき,20分間隔での連続分析が可能であった。試料調製が簡便であることから,本法は野菜の品質評価には非常に有効であると期待される。

Journal

  • Bulletin of the National Institute of Vegetable and Tea Science

    Bulletin of the National Institute of Vegetable and Tea Science (5), 1-6, 2006-03

    農業技術研究機構野菜茶業研究所

Cited by:  3

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006586666
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11648748
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13466984
  • NDL Article ID
    7923686
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z74-C904
  • Data Source
    CJPref  NDL  IR 
Page Top