日本盲人図書館の点字出版本 Published Braille Books in the Japan Blind Library between 1940 and 1948

この論文にアクセスする

抄録

社会福祉法人日本点字図書館の前身となる日本盲人図書館を創設したのは本間一夫である。疎開先の北海道増毛にある本間の生家に置いてきた蔵書の一部が帰館した。そのうち点字出版書を対象に本年9 月までに収集した諸事象を補充し発行所の別に再考した結果、当時の点字図書の一部でもある27 件の点字出版所が製版発行した点字図書であることが判明した。これらは点字出版事業史を裏付ける貴重な資料であることが推察された。

This paper catalogs and reports on the braille books available as part of a certain collection in 1940s Japan. Specifi cally, it documents 27 published books held in the Japan Blind Library between 1940 and 1948.

収録刊行物

  • 実践女子大学短期大学部紀要 = The Bulletin of Jissen Women's Junior College

    実践女子大学短期大学部紀要 = The Bulletin of Jissen Women's Junior College (40), 69-83, 2019-03-09

    実践女子大学短期大学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006599758
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2434-4583
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ