学修支援の経験を通じた支援者の学び : 図書館ラーニングサポーターの調査から  [in Japanese] What do Supporters Learn through Learning Support? : the Case of the Graduate Student Supporters at Osaka University Library  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では、附属図書館ラーニングサポーターの活動の現状およびラーニングサポーター自身の学修支援を通じた学びを理解することを目的として実施したアンケート調査およびインタビュー調査の結果を報告する。調査の結果、ラーニングサポーターは主にスキルや態度面での自己の変化や成長、具体的には、「コミュニケーション能力の向上」「学習・研究に対する姿勢の変化」「積極性・主体性の向上」「LS としての自覚の向上」を認識していた。また留学生に対する支援を通じて、「コミュニケーション能力の向上」「視野や態度の変化」「日本語に対する理解の深まり」「学習意欲の向上」を感じていることが明らかになった。

Journal

  • 多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集

    多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集 (23), 53-64, 2019-03-31

    Center for International Education and Exchange, Osaka University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006600762
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11266479
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1342-8128
  • Data Source
    IR 
Page Top