脳梗塞患者における重症度,医療・看護必要度のうち患者の状況に係る要因分析の研究  [in Japanese] Analysis of estimate factors about the severity of cerebral infarction and patient's level of need for medical treatment and nursing care  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

我が国における脳疾患の患者は多く,複数の施設におけるDPC/PDPS制度のデータを使用した重症度,医療・看護必要度の研究は十分に行われていない.本研究では,複数施設のデータを解析することで,一般病棟用の重症度,医療・看護必要度に係る評価票「B 患者の状況等」を1 入院当たりに数値化し,影響を与える要因を明らかにすることを目的とした.ロジスティック回帰分析の結果,B 得点を推定するための項目として,退院時Modified Rankin Scale,脳卒中の発症時期,A 得点,入院時年齢の4 つの要因が明らかになった.脳梗塞における入院患者のB 得点の推定が可能となり,限りある医療資源の適正配置の可能性が示唆された.

Journal

  • 国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare

    国際医療福祉大学学会誌 = Journal of the International University of Health and Welfare 24(1), 45-55, 2019-03-31

    国際医療福祉大学学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006600930
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    2186-3652
  • Data Source
    IR 
Page Top