水俣病、生政治、身体 : 石牟礼道子と緒方正人を手がかりに  [in Japanese] Minamata Disease, Biopolitics, and Body : Michiko Ishimure and Masato Ogata  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1.「生政治」という問題 : 水俣病、沖縄の米軍基地、福島の原発事故、日雇い労働の「寄せ場」、ハンセン病療養所等々。これらは「誰かの生を豊かなものとするために、誰かの生を犠牲にする」という主権国家の負の側面を端的に示すものである。このような生のコントロールを通じて成立する主権権力のあり方を批判的に捉え直すのがミシェル・フーコーやジョルジョ・アガンベンが提起した「生政治 biopolitics」の視点である。……

Journal

  • 空間・社会・地理思想 = Space, society and geographical thought

    空間・社会・地理思想 = Space, society and geographical thought (22), 63-76, 2019

    大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006601159
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10565341
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1342-3282
  • NDL Article ID
    029598897
  • NDL Call No.
    Z8-B522
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top