z-Treeのcontracts tableの特性とその応用  [in Japanese] Features and applications of the contracts table in z-Tree  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は経済実験ソフトとして世界中で広く用いられているz-Treeの変数の特徴について,特にcontracts tableに注目して説明する。contracts tableはオークションにおける金額のオファーやオファーの受託など,オークション実験でクライアントが随時行う行動を逐一記録するための変数テーブルとして実装されていた。昨今のz-Treeは機能拡張により被験者間のチャットや,画面上のオブジェクトの操作による意思決定をさせることが可能になっており,それらの結果の記録にもcontracts tableは適している。実験研究の進歩に伴って実験の設計が多様で複雑になっている昨今,contracts tableの重要性が増しているといえる。本稿ではまずオークション実験のプログラムを例にcontracts tableの特徴とプログラムの際に注意すべき点を述べ,それらを踏まえて日本語でチャットをする際生じる問題の対処方法,インタラクティブグラフィックを用いた実験の記録に用いる際に注意すべき点について述べ,z-Treeを利用する実験者に便宜を提供することを目的とする。

Journal

  • 京都産業大学論集. 人文科学系列 = Acta humanistica et scientifica Universitatis Sangio Kyotiensis

    京都産業大学論集. 人文科学系列 = Acta humanistica et scientifica Universitatis Sangio Kyotiensis (52), 157-176, 2019-03

    京都産業大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006603588
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0006019X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0287-9727
  • NDL Article ID
    029650396
  • NDL Call No.
    Z22-1677
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top