戦後史学習の再構築に向けて : 歴史教育者協議会における議論の足跡を手がかりとして  [in Japanese] Toward Reconstruction of Learning Theory for Contemporary Japanese History : A Theoretical Analysis on the Past Discussions in History Educationalist Conference of Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は戦後史学習を再構築するための基礎的作業として、歴史教育者協議会の研究活動の歴史的分析に取り組み、その到達点と課題を明らかにしつつ、今後の改革にむけた焦点を探るものである。その際、1950年代初頭、1970年代初頭、1990年代初頭という三つの時期を取りあげ、各時期に刊行された代表的な書籍の分析に取り組み、戦後の各段階で「戦後日本」がどのように問われ、いかなる学習プランが構想されてきたのかを検証している。そして、各時期の戦後史理解の特質と変遷を整理したうえで、昨今の歴史教育をめぐる情勢を踏まえながら、①世界史的視野からの探求、②現代を生きる子どもたちの生活経験や社会意識との接合、③「包摂/排除」の視点からの問い直し、という三つの焦点を析出して今後の方向性を展望している。

Journal

  • 弘前大学教育学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University

    弘前大学教育学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Hirosaki University (121), 29-40, 2019-03

    弘前大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006619261
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00211590
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0439-1713
  • NDL Article ID
    029784384
  • NDL Call No.
    Z22-83
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top