道理性、クリティカル・シンキング及び最適解導出について  [in Japanese] On Reasonableness, Critical Thinking, and Deduction of the Most Reasonable Solution  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本論文では、クリティカル・シンキングが「道理性」を旨とし、「最適解」の主要なオルガノンであることを論じる。まずはアリストテレスまで遡り、 道理性の起源を探ってみる(第1節)。次に、現在の哲学系クリティカル・ シンキングについての概要を与え(第2節)、これを道理性の概念と結び付 けて論じる(第3節)。更に、最適解とその導出について論じ(第4節)、 この技法をクリティカル・シンキングと教育(いわゆる「新しい能力」)と に結び付けて論じる(第 5・6 節)。最後に、以上を踏まえて、今後の課題 を提示する。

Journal

  • 人間科学 : 琉球大学人文社会学部人間社会学科紀要 = Human sciences : bulletin of Faculty of Humanities and Social Sciences, University of the Ryukyus, Department of Sociology and Human Sciences

    人間科学 : 琉球大学人文社会学部人間社会学科紀要 = Human sciences : bulletin of Faculty of Humanities and Social Sciences, University of the Ryukyus, Department of Sociology and Human Sciences (39), 59-92, 2019-03

    Faculty of Humanities and Social Sciences, University of the Ryukyus

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006619985
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1125102X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1343-4896
  • NDL Article ID
    029740387
  • NDL Call No.
    Z71-B596
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top