クレルヴォーのベルナルドゥスにおける「霊的感覚」試論  [in Japanese] A study on Bernard of Clairvaux's views about the spiritual senses  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本論文はクレルヴォーのベルナルドゥスにおける身体的感覚と霊的感覚の関係性について扱う。ベルナルドゥスは十二世紀フランスのシトー会の修道院長であり、聖俗両面にわたって多彩な活躍をなした一方で、その著作における豊かな感覚的表現でも知られている。そこで本稿では、特に霊的感覚を考察するに際して、その背後にどのような身体性についての理解があり、またそれが霊的感覚にどのような形で接続されているのかという問いを中心に据えた。そこで先行する研究を踏まえ、特に五感について扱われる『諸事についての説教』第十説教を中心に、『雅歌についての説教』の記述を援用しつつ、ベルナルドゥスにおける感覚に関する表現を考察した。第十説教は個々の五感の働きに関連付け、魂において神を認識する感覚としての愛の働きについて説いたものであるが、ここで五感は単に説明の手段として語られるというよりも、個々の身体的経験に根ざしたものとして用いられている。また神について魂に生命を与える魂という一種の内在的表現をもって語ったことにより、身体的表現は一層明確に神探究に接続される。また同時に他の記述を見るならば、身体的感覚表現は霊的感覚の表現と意図的に混淆されている。特に今回扱ったのは聴覚と視覚に関する表現であるが、ここで視覚は、身体から霊的領域に移行させる聴覚を媒介として、霊的な視覚へと接続されるものとして書かれているのである。またその究極的目標としての神を見るVisio Deiということは、単純に視覚的表現に尽きることがなく、触覚を中心とした様々な感覚が動員され共感覚的表現となることで、その無媒介性が強調される。このような点から、ベルナルドゥスの霊的感覚とは単純に霊的領域においてのみ独立したものでも、あるいは修辞的・比喩的な表現に解消されるものはなく、むしろ身体的領域と霊的領域の連続によって、抽象的領域と具体的領域を個人の身体的経験において接続し、個人の身体こそを神の探究の場として提示するものといえる。これは彼の用いる「経験の書」という用語にも明確にあらわれている。

Bernard of Clairvaux, one of the most famous abbots of the Cistercian order in medieval France, is well known for his significant view of the spiritual senses. This study analyzes his tenth sermon of the Sermons about Various Topics, in which he explains the relevance of the order of love to the five corporeal senses. In this sermon, based on the traditional theory of the five senses, he emphasized how each personal experience is involved in the use of each sense in seeking God. Its explanations were aimed not only from an educational purpose but also from a theological viewpoint, because he thought that God is immanent and that monks must seek Him in their own soul. Thus he often interchanged the bodily senses with the spiritual senses. For example, in 28th sermon of his Sermons on the Song of Songs, he says, the sense of hearing is at once bodily and spiritual and it joins the bodily sight to the spiritual sight. Furthermore, the spiritual sight is discribed using synesthetic vocabulary―it is particularly accompanied by the sense of touch. Therefore, Bernard emphasized that the view of God is immediate and direct. Hence, his view of the spiritual sense is not separated from that of bodily sense: rather, it joins the abstract realm to the personal and concrete realm. This is clear from the words of his "book of experience." It is concluded that his characteristic view of spiritual sense is associated with real personal experience and shows that the human bodily experience is the important way to seek God in this world.

Journal

  • 清泉女子大学人文科学研究所紀要 = Bulletin of Seisen University Research Institute for Cultural Science

    清泉女子大学人文科学研究所紀要 = Bulletin of Seisen University Research Institute for Cultural Science (40), 64-46, 2019

    清泉女子大学人文科学研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006623765
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00128409
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0910-9234
  • NDL Article ID
    030223127
  • NDL Call No.
    Z22-1326
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top