<研究ノート>生活支援コーディネーターの現状と課題:相模原市社会福祉協議会の取り組みから  [in Japanese] The Current State and Issues of the Lifestyle Support Service Coordinators: Efforts at Sagamihara City Social Welfare Council  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2014 年(平成26 年)6 月に介護保険法が改正(2015 年4 月施行)された。この法改正では,2025 年を目途に,地域で誰もが安心して最期まで暮らせる社会の実現に向け,医療,介護,住まい,生活支援・介護予防を包括的に確保する「地域包括ケアシステム」の構築を目指している。このため,新たな事業として介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)及び生活支援体制整備事業が創設された。そして,これら事業において,助け合い活動や地域活動を進める上で中核的な役割を果たす生活支援コーディネーターを全国の市区町村全域と日常生活圏域に設置することになったのである。本研究では,相模原市の生活支援コーディネーターを対象に,その活動の現状を調査し,今後の可能性を探った。結果として,相模原市の生活支援コーディネーターの配置については,市人口・区域面積の規模や地区の特性,各高齢者支援センターの運営など地域実情の違いから地域差は見られるものの,市全体でみると,資源の開発を目的とした生活支援体制整備事業は着実に取り組まれており,地域づくりや生活支援等サービスの整備を図るための土台づくりは進んでいることが明らかになった。今後,市コーディネーターが活躍できるように,全ての高齢者の介護予防を含めた地域づくりや地域福祉を推進する視点を市の方針として明確に組織内で共有するとともに,地域づくり部会の運営や住民主体サービス補助制度の見直しを図るほか,小地域活動の活性化を図ることが求められている。

Journal

  • 田園調布学園大学紀要 = Bulletin of Den-en Chofu University

    田園調布学園大学紀要 = Bulletin of Den-en Chofu University (13), 81-99, 2019-03

    田園調布学園大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006623875
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1882-8205
  • Data Source
    IR 
Page Top