メディア情報リテラシーのパフォーマンス評価の開発  [in Japanese] Development of Performance Assessment of Media and Information Literacy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究では, 今後のメディア情報リテラシー(MIL)の評価に向けた示唆を得るため, MILのパフォーマンス評価の開発と大学生への実践を行った。提示された状況において自分が取る行動とその理由を自由記述する形式の課題および評価用ルーブリックを開発し, 大学生に実施した結果, ほとんどの解答がレベル1に集中したほか, 評価不可能な解答も目立った。その要因として, 状況説明が冗長で誤解・誤読が相次いだこと, 学生が解答として解釈しうる範囲が広すぎたこと, その一方で評価用ルーブリックを用いて評価可能な解答の範囲が限られていたことが挙げられた。

Journal

  • 京都大学高等教育研究

    京都大学高等教育研究 (24), 91-94, 2018

    京都大学高等教育研究開発推進センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006624111
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10487452
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1341-4836
  • NDL Article ID
    029608599
  • NDL Call No.
    Z7-B640
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top