[研究ノート] アド・テクノロジーが社会問題である場合についての覚書 (3)  [in Japanese] Some social problems caused by advertising technology: the third memorandum for future discussion  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

広告の実践において、アド・テクノロジーと呼ばれるネット広告の自動取引・配信の仕組みが近年急速に一般化した。しかしながら、その広告についての知識は実践面での急伸に追い着かない面が多々ある。合理性と人間性を併せ持ち、より冷静で構造的な知識体系構築を目指すべきアカデミックな知識のための記述には馴染まないことも多い。本稿は、そのいくつかの社会的軋轢について、ジャーナリスティックな側面も否定できないけれども、今後のための資料として記述を試みる覚書の続々編である。

Among recently developed advertising practices, so called advertising technology is key. Academic advertising knowledge does not exceed in that, besides industrial and business knowledge only exists. Knowledge of advertising among academics is seriously lacking compared to industrial and business knowledge. This paper describes some social problems among journalistic documents to provide the third memorandum for future discussion.

Journal

  • 関西大学社会学部紀要

    関西大学社会学部紀要 50(2), 49-77, 2019-03-31

    関西大学社会学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006624702
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00046982
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0287-6817
  • Data Source
    IR 
Page Top