参加者からみた社会的スキル・トレーニングにおいて留意すべき事柄  [in Japanese] What must be considered during social skills training from the perspective of trainees  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

資料本研究では、実施者や参加者が社会的スキル・トレーニングにおいて成果を高めるために留意すべき事柄を参加者の視点から抽出した。同一実施者が実施したトレーニングに、1 回、8 回、15 回参加した大学生を対象に半構造化面接を実施した。そして、トレーニングにおいて留意すべき事柄を、実施者、参加者、トレーニング内容、トレーニング状況の点から抽出した。加えて、実施回数(実施内容の点でも異なる)によって留意すべき事柄に関する言及に違いがみられるか否かを検討した。その結果、15 回参加した者には、実施者のトレーニング実施上の能力に関することを言及した者が多い傾向がみられた。一方、参加者の意欲を高めること、親密度が高い者と参加することを言及した者は少なかった。

What must be considered by the trainer and trainees to enhance the effects of social skills training were investigated from the perspective of trainees. Undergraduate that attended 1, 8, or 15 sessions of social skills training program which the same trainer conducted participated in a semi-structured interview. What must be considered were extracted based on the trainers, trainees, and content and circumstances of training. Effects of the frequency of training, which is also different in the training contents, on the reported matters were also examined.Results indicated that those participating in 15-sessions tended to report the competency of the trainer, whereas they tended not to report the motivation of the trainee, and participating with familiar people.

Journal

  • 対人社会心理学研究

    対人社会心理学研究 (19), 22-29, 2019

    大阪大学大学院 人間科学研究科 対人社会心理学研究室

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006628184
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11550166
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1346-2857
  • Data Source
    IR 
Page Top