両側性交互刺激の記憶に対する作用  [in Japanese] Effects of Bilateral Alternating Stimulation on Memory  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

トラウマおよびPTSD に対する治療として、薬物療法と共にトラウマに焦点化した認知行動療法やEMDRが有効であることが知られている。その中のひとつであるEMDRでは、治療プロトコルの中で両側性交互刺激を用いることが特徴である。EMDR の治療機序は適応的情報処理モデルで説明されるが、両側性交互刺激と治療効果との結びつきを説明する決定的な理論はまだない。しかし近年、想起によって記憶が不安定になり、その後に再固定化するプロセスが明らかになってきた。EMDRによる両側性交互刺激が脱感作と再処理を導くと考えられるが、その過程は、記憶の再固定化との関連が示唆され、再固定化の促進に関わっている可能性が考えられる。

SSRI's, Trauma focused CBT and EMDR are known to be effective as a treatment for trauma and PTSD. EMDR is characterized by using bilateral alternating stimulation in the treatment protocol. The treatment mechanism of EMDR is explained by the adaptive information processing model, though there is not yet a definitive theory that explains the link between bilateral alternation and treatment effects. However, in recent years, the process that has become clear is that memories become unstable by recall, and then memory reconsolidaion occurs. We thought that the desensitization and reprocessing during EMDR therapy may be related to the reconsolidaion of memory. The bilateral alternating stimulation has possibilities to promoting reconsolidaion.

Journal

  • 学校危機とメンタルケア

    学校危機とメンタルケア (11), 53-60, 2019-03-31

    大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006631351
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12391002
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1883-745X
  • Data Source
    IR 
Page Top