古典和歌を詠もう : 高大連携授業における実践とその分析  [in Japanese] Let's compose Classical Waka : Practice in relation to the high school / university connection  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

[要約] 本レポートは、平成30年度(2018)4月に筆者が行なった、高大連携授業(千葉東高等学校基礎教養講座)の実践報告である。講義の内容は「和歌を楽しもう」というタイトルを掲げて、まず古典和歌を特徴づけているレトリックについて包括的な講義をしたのち、受講者自身に序詞を用いた和歌(短歌ではない)を創作してもらうものであった。目標としたのは、(1)受講者に古典に親しんでもらうこと、(2)受講者自身の日本語を耕すレッスンの場を設けること、の二つである。受講者が創作した和歌を紹介しつつ、授業の全体を記録・分析し、後日の授業実践への手がかりとしたい。

Journal

  • 千葉大学教育学部研究紀要

    千葉大学教育学部研究紀要 67, 428-423, 2019-03

    千葉大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006631358
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11868267
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1348-2084
  • NDL Article ID
    029812022
  • NDL Call No.
    Z22-372
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top