特別支援教育の知見をいかした学校経営(8)安全で安心できる学級経営のあり方  [in Japanese] A School Management Based on the Findings of Special Needs Education(8)A way of safe and secure classroom management  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

今年度も40校超の学校園に出向き、巡回指導という形で教室を訪問することができた。教室を訪問すると、きちんとお行儀よく学習しているクラスもあれば、子どもたちが元気で伸び伸びとしているクラスもあり、どのクラスもそれぞれの空気感のようなものを持っている。その中には残念なことに、クラスの集団として機能していないのではないかと感じるクラスに出会うこともある。このような、クラスそれぞれの固有の空気感はどのようにして形成されていくだろうか。さらには、子どもたちが「安全」で「安心」できるクラスの空気感を創っていくためには、どのようなことがポイントになるのかについて、最初に学級経営方針の立て方について考察した。次に、事例を交えながら教師と子どもたち・保護者の信頼関係が、黒字になるようなより良い学級経営のあり方について考察した。

The author could visit more than 40 schools for patrol guidance in this fiscal year.When the author visited these schools, they had diverse type of classes. However, some of them seemed not to function as a group of class.Then, how was the peculiar atmosphere of each class formed? Thus, the author analyzed how to make classroom management policy in order to create class atmosphere in which children can feel safe and relief. And, the author considered the way of better classroom management in which teacher could build a good relationship with children and their parents, picking up some cases.

Journal

  • 教育総合研究叢書 = Studies on education

    教育総合研究叢書 = Studies on education (12), 1-9, 2019-03

    関西国際大学教育総合研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006649138
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12321947
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-9937
  • NDL Article ID
    029683513
  • NDL Call No.
    Z71-W146
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top