大分県東国東郡姫島村方言における56年間の言語変化 : 同一話者への追跡調査結果から  [in Japanese] Language change for 56 years in Himeshima dialect of Oita prefecture : The results of follow-up investigation to the same speaker  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

大分県東国東郡姫島村で、同一人に3度(1961年・1981年・2017年)の方言調査を行った。その結果、1961年(少年層時)の回答と2017年の回答の一致率は約46%だった。また、1961年当時の老年層との回答の一致率は、1961年時の51.8%から2017年では35.6%に低下した。1961年から1981年までの変化は、それ以降の36年間よりも急激だった。変化の方向は共通語化だけでなく、1961年当時の老年層語彙への回帰も見られた。この話者が中学生から2017年までの56年間で、共通語化だけでなく、上の世代や村外の大分方言を習得したことが明らかになった。

Journal

  • 別府大学紀要 = Memoirs of Beppu University

    別府大学紀要 = Memoirs of Beppu University (60), 15-29, 2019-02

    別府大学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006649833
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00223385
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0286-4983
  • NDL Article ID
    029858378
  • NDL Call No.
    Z22-593
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top