中性子過剰シリコン・硫黄核における形状遷移とテンソル力駆動ヤーンテラー効果 Shape transitions in exotic Si and S isotopes and tensor-force-driven Jahn-Teller effect

Access this Article

Abstract

近年、われわれはテンソル力が原子核の殻構造の変化を与えることを明らかにしてきた。本論文では、テンソル力による殻構造変化が一粒子準位を変化させるだけではなく、中性子過剰核の形をも変化させうることを殻模型計算によって明らかにし、そのメカニズムをヤーンテラー効果と関係づけて議論した。まず、中性子数が20から28へ増やすと、テンソル力によって陽子のスピン軌道分離エネルギーが減少することを、カルシウム48からの一陽子分離反応によって得られる分光学的因子の分布から明確にした。さらに、中性子数28のシリコン42でも同様にスピン軌道分離エネルギーが減少することで、魔法数28を有するにもかかわらず大きく変形することが導かれ、実験の低い励起準位が再現された。シリコンでは変形がテンソル力に強く依存する一方、硫黄では形状がテンソル力に敏感でないことも示した。また、シリコン42の変形メカニズムを簡単な四重極・四重極相互作用によって説明した。著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)

Journal

  • Physical Review C

    Physical Review C 86(5), 051301\_1-051301\_6, 2012-11

    American Physical Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006683979
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0556-2813
  • Data Source
    IR 
Page Top