脳の中の「見えざる手」 : fMRI実験を利用して (特集 これからの会計研究)  [in Japanese] 'Invisible Hand' in the Brain : By Using fMRI Experiment  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では, アダム・スミスによって「見えざる手」(invisible hand) と称された市場メカニズムを担う人間の側の特性をfMRI 実験を用いて脳内に見出そうとした。具体的には最後通牒ゲームで分配役(allocator) が判断役(responder) に払う金額の大小を決める脳の部位を特定しようとした。その部位こそ試行錯誤で相手の要求に配慮するとともに自らの利益も考慮する機能を担っていると考えられるからである。それは左側縁上回という脳部位で, その賦活程度は心理学的には共感性尺度と有意な相関を有している。

Journal

  • 国民経済雑誌

    国民経済雑誌 218(1), 1-14, 2018-07

    神戸大学経済経営学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006709574
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00090962
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-3129
  • NDL Article ID
    029175934
  • NDL Call No.
    Z3-260
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top