〈不在〉の写真を見る/撮る  [in Japanese] A note on photograph of "lacunae" following the 2011 tsunami  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

一般論文私たちが何かを想起するとき、想起の主体にとってその記憶はたんなる「データ」ではなく「手触り」をともなったものとして知覚される。そして、東日本大災害からの復興を考えるにあたって、被災された方々の想起の仕方には、どのようなものがあるのかを明らかにしていくことは、一人ひとりの復興を考えるうえで重要である。本稿では、ロラン・バルトによる写真論を基盤に置きながら、震災をめぐる記憶と写真の様相について考察した。本稿では、2つのインタビューにおいて出てきた2つのタイプの写真が登場する。一つ目は、「現実にはもうないものが写っている」写真である。二つ目は、「現実にももうないし、写真にも写されていない」写真である。前者を、「なくなったものが写っている写真」、後者を「〈不在〉の写真」と名付けて、それぞれについて、また両者の関係について考察した。その結果、「なくなったものが写っている写真」における日常性が震災を機にかけがえなさを有するものに変貌したこと、「〈不在〉の写真」は、それが写されていないがゆえにかえってそれを知る者の記憶を喚起すること、また、「なくなったものが写っている写真」における「すでになくなってしまったはずのものが、写真としていまここに現れている」と「〈不在〉の写真」における「写真の中にはあるはずのものが、どこにも現れていない」という存在の知覚の様式が相互反転しながら想起主体に経験されていることを論じた。〈不在〉の写真は、被災者がそれぞれの被災経験を、復興という大きな物語に回収されないように想起していく可能性を有している。

When we recall something, we perceive a texture rather than memorized data. It is important to clarify how disaster survivors remember the past, swept away by the tsunami in 2011 and recalled from their own viewpoint while considering their human recovery. In this paper, I discuss pre-disaster memory as recorded in mundane photographs based on the theory of photographs by Roland Barthes. I examined two types of photos through two interviews with survivors. First is a photograph that shows "what is not in reality," and second, a photograph that is "not in reality nor photographed." I refer to the former as a 'photograph with missing things' and the latter as a 'photograph of "lacunae",' and then consider each and their relationship. As a result, I reveal that everydayness in the 'photograph with missing things' has changed into irreplaceability due to the disaster, and the 'photograph of "lacunae"' evoked memories of missing and not photographed things because of its lacunae in a photo, and that survivors experienced both types of recalling, 'what was already lost is now appearing here as a photo' in the 'photograph with missing things' and 'what should be in a photographs is not appearing anywhere.'

Journal

  • 災害と共生

    災害と共生 3(1), 25-38, 2019-08

    「災害と共生」研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006716231
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    2433-2739
  • Data Source
    IR 
Page Top