R&D補助と環境悪化の厚生分析  [in Japanese] Welfare Analysis of R&D Subsidies and Environmental Degradation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

R&D 活動が財の種類を拡大させる経済成長モデルに,効用増大的な環境資本を導入し,R&D 活動に対する補助が経済厚生に及ぼす影響を分析する。R&D 補助を通じた生産効率性改善とそれによる生産量増加が,環境外部性に伴う過剰消費を当初深刻化させ,経済厚生を悪化させるが,補助がある一定率を超えると生産量のパイが拡大する便益がそれを凌駕し,厚生改善されうることが示される。また,更に補助を引き上げると,生産量増加による環境悪化を自然回復することができず,環境水準が最終的にゼロになってしまう「環境悪化の罠」に陥ることも明らかにされる。

Journal

  • 国民経済雑誌

    国民経済雑誌 218(2), 1-13, 2018-08

    神戸大学経済経営学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120006716609
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00090962
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0387-3129
  • NDL Article ID
    029223144
  • NDL Call No.
    Z3-260
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top