男性に従属する地位から「女性は天の半分を支える」へ : 中国徽州農村地区における女祠・「鉄姑娘」・「三八紅旗手」などの分析 From A Position as Attachment of Men to "Women Hold Up Half the Sky" : Analysis of Female Shrine, "Iron Girl", "March Eighth Red-banner Pacesetter", etc. in the Rural Area of Huizhou, China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

社会は女性たちに一定の期待と要求を持ち、社会的期待は女性の社会地位を反映する。中国社会の中で、表彰は女性に対する社会的期待の直接的な表現であり、政府、村人、宗族、親戚による特定の女性に対する評価である。それにより女性が得た権力と受けた束縛を見ることができる。異なる時代における女性の表彰は、女性の地位とその変化、および社会の要求を反映する。 本論は女性の表彰に着目し、徽州農村地区の女祠 、牌坊などの表彰の分析により、清代と中華民国時期の女性に対する社会的期待の内容と原因を研究する。また「鉄姑娘」、「三八紅旗手」、「文明戸」などの表彰の分析により、計画経済時期および改革開放以降の女性に対する社会的期待の内容と理由を考察する。最後に、それぞれの時期における女性に対する社会的期待の変化によって生じた女性の社会的地位、および変化を究明する。 清代、中華民国時代において、男性の需要、宗族、村社会の統治、儒家倫理を基にした要求によって、社会は徽州の女性に「良妻賢母式」の女性になることを期待した。本意が問われることはなく、人生の選択の自由がなかった女性は、男性から厳しく差別され、抑圧されていた。 計画経済時期には、女性に対する村の建設者、「鉄姑娘」などの評価と表彰は著しく上昇した。徽州の女性は、全面的に社会的労働に進出し、自分の人生を把握することができるようになった。しかし、国が生産活動の期待に応じて出現させたその表彰は、女性が自発的に求めているものではなく、国の発展のために女性の「女性性」を犠牲にした建前の男女平等にすぎなかった。 1978年改革開放以降、女性に対する社会的期待は主に、女性の経済的なリーダー、および精神文明を中心とする「文明戸」と「好媳婦」になる。女性が社会と家族に果たす役割は重要になり、それによって女性の社会的地位は大きく上昇したことが明らかになった。また彼女たちは能動的に選択する意識が強くなっている。女性に対する社会的評価は多分野において、多元化する勢いで発展しているといえるだろう。論文

Society has certain expectations and demands for women, and the social expectations reflect women's social status. In Chinese society, recognition is a direct expression of social expectation for women, and it is also an evaluation for a specific woman from government, neighbor, clansman, and relative. Through analyzing these recognitions, it is obvious that the power that women gained and the bonds they received. Women's recognition in different times also reflects the status and changes of women, and the needs of society.  Through analyzing recognitions of women in the rural area of Huizhou, such as female shrine and memorial archway, this paper studies the content and cause of social expectations for women during the Qing Dynasty and the Republic of China. Besides, the paper also makes a thorough inquiry about the contents and reasons of social expectations for women during the planned economic period and Chinese economic reform by analyzing the recognition such as "Iron Girls", "March Eighth Red-banner Pacesetter", and "Civilized Family" etc. Finally, it investigates the changes and causes of women's social position by investigating social expectation for women in each period.  During the Qing Dynasty and the Republic of China, Huizhou folk respected a style of women as an understanding wife and loving mother, based on the demands of man, patriarchal clan system, and Confucian ethics. Women, without any personal freedom at all, were severely discriminated and suppressed by men.  During the planned economic period, praise and honor for women as village builder and "Iron Girl" increased significantly. Women in Huizhou have been able to devote themselves into social work, and have begun to grasp their own lives. However, these recognitions that were established in order to cooperate with state producing activities were not active pursuit of women, and they built up a seeming equality of men and women, but in fact neglected specific value of women.  Since Chinese economic reform in 1978, social expectations for women translates to bellwether of becoming rich, or good housewife focused on spiritual civilization. It is obvious that women are acting as the vital role in society and their families along with social status raising. And, their independent consciousness is from strength to strength, therefore the social evaluation for women is developing towards with diversification trend.

収録刊行物

  • 非文字資料研究 = The study of nonwritten cultural materials

    非文字資料研究 = The study of nonwritten cultural materials (17), 93-124, 2019-03

    神奈川大学日本常民文化研究所非文字資料研究センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120006734143
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12776889
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    2432-5481
  • NDL 記事登録ID
    029680943
  • NDL 請求記号
    Z71-Y453
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ